理想に沿った一戸建てを見つけたら、次は住宅ローンを検討していきましょう。
住宅ローンはいくつかの金利タイプに分かれています。
まずは「全期間金利固定型」についてです。これは最初の金利は高いものの、返済が終わるまでずっと変わらないのが特徴です。そのため将来設計を建てやすいのがメリットといえます。
次に「変動型」についてです。これは市場金利に連動しており、原則として半年毎に一回見直されるのが特徴です。最初の金利は低めですから、初期費用を抑えたい方に向いているのではないでしょうか。
次は「固定期間選択型」についてです。これは一定期間金利が固定され、期間が終わるとその時の金利が適用されるというものです。この期間は金融機関ごとに定められており、その中から選択する形となります。