プロスカーに含まれるフィナステリドとは

AGAと呼ばれている男性型脱毛症の改善目的として、プロスカーが使われることがありますが、この薬は元々、前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。
前立腺肥大症の治療効果を高めるために、フィナステリドが5mg配合されているのがプロスカーの特徴で、フィナステリドはAGA治療薬プロペシアにも含まれています。
プロペシアに含まれるフィナステリドは1mgです。よってプロスカーの方が、一錠でより多くのフィナステリドを、身体に取り込むことができることになります。
フィナステリドには、男性ホルモンをDHTと呼ばれるジヒドロテストステロンに変えてしまう、2型5-α還元酵素を抑える力があります。DHTは頭皮の皮脂腺にある受容体に作用することで、皮脂の過剰分泌が促されて毛穴が詰まりやすくなり、男性型脱毛症の原因になるといわれていることから、DHTの発生を抑えられるフィナステリドには前立腺肥大症への有効性ばかりでなく、AGA治療に期待が持てるとあり、医療機関において頻繁に利用されています。
男性ホルモンに働きかけるという特徴を持つため、フィナステリドは女性の薄毛治療には使用を禁止されています。皮膚からも吸収されますので、割った錠剤に触れるだけでも悪影響を及ぼす可能性があります。
特に妊婦が飲んだり触ったりすると、胎児の生殖機能に異常が起こる場合がありますので、プロスカー、プロペシア共に使用には十分注意する必要があります。
プロペシアはAGA治療薬として処方されていますが、プロスカーは現在の日本においては認可されていない治療薬です。購入するには輸入代理店などを通じて、海外から購入する方法がとられますが、使用の際にはまずかかりつけの医師に相談することをおすすめします。